保険診療と自費診療

大学を 卒業して 何にも出来ない時代 まずは 初先輩方に 診療を教えてもらいます。

スタートから 保険をやっていないグレードの高い歯医者に勤めた人は 保険診療を

知らない人もいますが わずか数パーセントです。

ほとんどの歯科医院が 保険診療を 主体にしていますので。

そこで 銀歯の削り方や入れ歯の作り方 歯の抜き方などを 習います。

友達によっては もうしばらくすると 忙しいので 1時間に5人や6人の患者さんを

診たりしていました。

僕が 初めて勤務したのは 横浜の鶴見歯科医院でした。歩合率は 低く しかし

大学病院と一般開業医の中間のような歯科医院でしたので 1時間に一人とか

午前中に一人とかゆっくりと診療が できました。給料は 安かったけど じっくり

治療に取り掛かることが できたと思います。

その内 色々と勉強をすると10年一日で変わらない保険診療は 基本的に 自分の生活費を

稼ぐ手段となりました。 更に 新しいことをやりたい もっといい診療は と求めていくようになりました。

すると 日曜日に 講習会へ 5万円から10万円払って勉強に行きたくなりました。

ただ 安月給の勤務医時代は ほとんど 一回5000円とか 1万円の講習会へしか 行けませんでした。

開業をしてからは 高い講習会でも経費として行けますので 随分と行きました。

これを 患者さんに 提供を するのは 自由診療になります。

日本の行政の中で 医科は すべて 保険診療なので 毎年新しい方法が 保険に入ってきます。

歯科は ほとんど 毎年ゼロです。

保険診療で やるということは 50年前の治療を やるということです。

20年経っても同じような診療を やっているのが 保険診療の歯科医院です。

先月の週間文春にも歯医者が 自分の家族には 銀歯を入れないのが 歯医者の常識ですと書いてありましたが

その通りです。  講習会で 知り合った歯科医の中には 保険診療を止める人たちが います。

生活は 苦しくなると思いますが やっぱり 大事な歯だから 自分にやらない治療は したくないという

考えです。 僕には まだ そこまでの選択は できないのです。

インプラント

スクリーンショット 2016
左上の奥歯に歯がない方 骨も少ない状態でした。

二本のインプラントを できるだけ平行に 骨のあるところを CTで 確認しながら

方向や深さを 慎重に 決めて 入れました。

血液も採取しまして 遠心分離機で 血小板を取り出して 人工骨と混ぜて 上顎洞内に

入れ 骨を作りました。

2時間ちょっとで 手術は 終わりました。

講習会

土曜日の午前中だけ 仕事をして 午後から 福岡まで 講習会へ 行ってきました。

ちょっと 手術後で 心配でしたが もう大丈夫でした。

結構 気分転換になりました。

噛み合わせと矯正の講習会です。また 顔や体の歪みを考慮した矯正と噛み合わせの治療を 目指しています。

北九州は 折尾というところにある筒井歯科医院で 勉強をしてきました。

博多から 快速で45分ぐらい 田舎ですが その駅前に 5階か6階建ての大きな歯科医院のビルなので

最初は びっくりしました。

さすが 日本のトップクラスの歯科医院は 違うなぁ!すごい!

ご夫婦で 歯科医で ご主人は なくなりましたが 今は 息子さん二人も歯科医になって 頑張っておられます。

歯は年々擦り減っていきます。 すると 歯の面が 平らになってしまい 力を入れないと噛み切れなくなったり

邪魔な噛み合わせができてきたりします。そこで 山と谷を作り 包丁を研ぐように 軽い力で 物が噛み切れるように

したりします。 それには 噛み合わせの動きを見る器械が 必要だったりします。

噛み合わせが悪くなる原因には 日常の頬杖や横向き寝やうつぶせ寝が関係しており 噛み合わせや 顔を 変形させているのです。 

そこに焦点を当てて治療をしているのは 筒井先生が 今では 第一人者なのです。

すると 歯科医療というものが 今までとは 全く違った重要性を持ってくるのです。

今回は 博多に泊まり 近くの居酒屋で ごまサバ 焼き豚バラ(旨かったです いつも焼き鳥なのですが)

辛子レンコン 馬刺しなどに 地元の日本酒で美味しく頂きました。その後は ドーミーインだったので 温泉に入り

サウナに入って その後 かなりきつめの指圧マッサージを してもらってすっきりしました。

温泉が ついているのは 本当に いいですねー!

英会話

社会人になってから ずーっと 英会話は 勉強してきました。まずは 6時15分から7時までは NHKのラジオ講座で英語を 勉強できます。

6時半に ラジオ体操をしますので 基本的には 6時45分からのラジオ英会話は ずっと聞いてきました。

NOVAにも行きました。横浜まで 英会話教室にも行きました。 リンガフォンも買いました。

スピードラーニングも買いました。でも どれもちゃんとやっていませんでしたが、英語を話せるようにはなりませんでした。
でも4年前ぐらいからでしょうか Skypeを 利用した英会話を 始めました。最初は レアジョブ その後3年前ぐらいからはDMM英会話!これでかなり 話せる実感が 湧いてきました。

最初は ブロークンイングリッシュでしたが 頑張って 恥ずかしがらずに やりました。

やはり 実践が一番ですね!

今 息子が オーストラリアに ワーキングホリデーに 行っています。

5月の連休に オーストラリアに行ってきましたが なんと!1年前までは 話せなかった息子が ペラペラと話しています!
負けた!
そりゃあそうですよね。毎日 バーテンダーでお客さんと話をしているし おまけに住まいは タコ部屋みたいなところ

に男6人ぐらいで一緒にいろんな国の人と住んでいるみたいなので 毎日 英語で話す必要があるみたいです。

オーストラリアから 帰ってきて更にを英会話を やる気が出てきました。

腰が 悪いので 走らなくてもできる腰に良くないゴルフしかできなかったのですが それからは ゴルフは やめて 毎日英会話になりました。
それから 色々調べたところ いいのを見つけました。

一つは イムラン スィディキ先生のコペル英会話 発音が大事ということで yuotubeに たくさん載っています。

僕が 一番悩んでいた travelとtroubleの違いがやっとわかりました。

ぜひ 見てみてください。

もう一人が 本城先生のリスニングデイトレです。本も読みました。

発音の仕方が 非常にわかりやすく解説してあります。やっぱり 発音なのです!

最近少しモチベーションが 下がってきてしまいました。

どこで 使おうか?使うところがないなぁ。しばらく 海外へは 行けそうにないし

僕の友達に ラジオ英会話の1ヶ月分のテキストとテープで英語 スペイン語 中国語を マスターした人がいます。

繰り返しとリピートだと言っていましたが、それ以外に お酒を飲んだりした時に 日本にいるその国の人と積極的に

話しているんですね。やっぱり 実践ですね!

脊柱管狭窄症の手術してきました。

いやー 辛かったです。今も痛み止めを 必要としています。

6月30日に 手術でした。 術後は 痛みがひどくて 参りました。看護師さんを 呼んで 体制を変えるしかないのです。

足には 血栓の予防のために きつーいストッキングを 穿かされた上に ポンプで 毎分ごとに 圧迫されます。

眠れません。やっと 呼吸を 整えて お尻には 痛み止めの座薬を 入れてもらって 寝れました。

。翌朝には

もう リハビリの方が来て 立ってくださいと言われました。えーっつと思いましたが 立てました。

翌日が 地獄でした
寝たきりの上に ずーっと 足を 圧迫され 呼吸が 浅くなり テレビを 見ても ラジオを

聞いても 気が晴れません。 動けないし 気が狂いそうになりました。夕方になり カーテンを 閉めてもらって

寝ようとしても寝れません。何度も看護師さんを 呼んでしまいました。主治医の先生も7時ごろと 8時ごろに

来てくださいましたが、 僕が 気がおかしいと言っても大丈夫 大丈夫と理解はしてもらえませんでした。

自殺したいぐらいでした。精神病は 分かってもらえないいんだなと思いました。 睡眠薬を もらって やっと 寝れました。

夜の9時から朝の4時ぐらいまで 寝れました。普段は 6時間睡眠ですから 9時になんて基本的に眠れません。

朝になって みんなにプラス従業員に お見舞いに来てください。 寂しくてダメだとメールしました。
皆さんに内緒にしていたのですが もう 一人が 寂しくて 頭が おかしくなりそうでした。

二日目の朝には リハビリの方が来て もう 10メートルぐらい 歩けました。 動けるようになって 天国に

なりました。午後には 従業員が 来てくれて 話をして 楽しく過ごせました。

窓も曇っていて気分が 悪かったのですが 拭いてもらって 良かったです。

今回は 高校1年生の時以来の入院でした。

たまには 僕も入院してみたいと思っていましたので あとは 楽しく過ごせました。痛み止めは ずっと飲んでいいました。
二日目の昼から ご飯が 出ましたが 初めは 大便を オムツにするのかと思いあまり食べませんでしたが

夜から 精神がおかしかったので 野菜を食べなきゃと食べましたが 3日目には 管は いっぱい付いていましたが

動いてトイレに行けましたので 問題は なかったです。 3日ぐらいは 出ないよと言われましたが その通りでした。
杞憂でした。今回は 患者になって 患者の気持ちが よくわかりました。中々 理解してもらえない 看護師さんも感

じの良い人と悪い人がいました。朝に晩に毎回看護師さんが 変わりました。ちょっと 流れ作業みたいな感じでしたね。
中には 親切なリハビリの方や看護師さんもいました。人の振り見てわがふり直せですね。自分の臨床にも役立てていきたいと思いました。

今は まだ 歩くと足の筋肉が 痛くなってしまいます。 痺れもまあ すぐには 治りませんが ゆっくり

治して 早く歩いたり出かけたりスポーツをしたいです。今は 本を読んで 勉強をしたり ギターや ウクレ

レをやるしかありません。すっかり 文科系です。

日曜日も長すぎる感じです。暇を持て余してしまいますね。