ミラクル義歯 ミラクルデンチャー

初診です。<

a href="http://namatameshika.jp/img/A005jpg.jpg/" target="_blank">

ミラクル義歯を 入れました。

A004pg.jpg
007pg.jpg
A003jpg.jpg
006jpg.jpg

ミラクル義歯 ミラクルデンチャー



下の歯が もう1本しか ありません。

そこで 左右にインプラントを入れて ミラクル義歯を 作ることにしました。

4201606002jpg.jpg

インプラントが 2本入りました。

2016A004jpg.jpg

201610A008jpg.jpg
1A005.jpg


針金が ほとんど目立たないし 小さくて 粘着性の物でも 食べれます。

調整は 難しいのですが バッチリと入りました。

環境問題 クジラより牛が 大問題だ!

私の友人から 興味深い話を聞きました。

こんな ドキュメンタリービデオが あるというのです。

畜産による環境破壊


グリーンピースもシーシェパードも日本の捕鯨は 問題視しますが もっと重大な畜産の問題を 無視しているのです。

アメリカ政府等が 無視していると言っていいようです。
畜産農家は 困ってしまいます。

今 世界は 温暖化と環境破壊が 問題になっています。

水不足も深刻ですが そのほとんどが 家畜及び家畜の餌を作るために 使われているそうです。

ハンバーガーを1個作るのに 9500リットルの水が 必要なのです。

さらに 温暖化の排出ガスも車などよりもはるかに
家畜が 出す糞尿やおならのメタンガス 二酸化炭素が多いそうです。

51パーセントは 家畜からの大気汚染のようです。

これは 皆さんが シャワーを 節水したり 
車を使わないしても雀の涙ほどしか効果はなく 問題解決には ほとんどならないという事です。

何をすれば良いのかというと 牛肉など家畜を食べないという事が 重要になってくるのです。

狂牛病の時は 皆さん 食べなかったのに 今では すっかり忘れていますよね。

この衝撃的なビデオは netflixでは 見れます。

一度 ご覧になって見てください。

アマルガムの恐怖

アマルガムの恐怖

この本は 私の待合室に ずっと置いてある本です。

開業当時は まだ たまに アマルガムを入れる事が ありました。

でも ある日 大船中学の教諭の方が 来て アマルガムを詰めたところ翌日に 慌てて来られて

先生!昨日入れたのを すぐに外してください!という事件が ありました。


それを きっかけに やはり 金属アレルギーの問題を 考えました。


すると 本当は 金属アレルギーの問題は アマルガムだけでは ありません。

もっと 普通に 今でも保険で入れている金銀パラジウム合金にも 当然 問題が あります。

私が 患者さん方に お見せする本には 色んな歯科大学の先生方が書いている症例が 25年も前に たくさん

載っているのです。

25年経っても保険の金属は 同じです。アマルガムも未だに保険適応になっているのです。

日本はおろかアメリカでもアマルガムは 政府公認で使用されているのです。


最近は アスベストが問題になっていますが 私が子供の頃は アスベストは 健康に良いというポスターもあったくらいです。

政府を 皆さんは 信用しますが 時代は どんどん変わるのです。

民間の方が 日々柔軟に 悩み苦しみ研究し 現場にあったものを 作っているのです。

セラミックを その日のうちに セットです。

藤崎_ひとみ_20161015_11893-1

銀歯を 外すと

藤崎_ひとみ_20161015_11894-2

銀歯の周りから 虫歯になっています。


藤崎_ひとみ_20161015_11895-3

中を綺麗にしてから これで20倍以上で 見えていますので 虫歯の取り残しもありません。

そして 完成です。約1時間半で 全て 終了です。

藤崎_ひとみ_20161015_11896-4